電子書籍ドキドキ検索 PuBooks 出版社会員ご利用規約

トップ囲い

PuBooks - 出版社会員ご利用規約 -

本規約は、株式会社ファーストペンギン(以下「乙」という。)の提供するサービス(http://pubooks.jp)を利用して出版物等の情報提供及び商品の販売をする者(以下「甲」という。)に適用される。 

第1条(目的)

  1. 本規約は、甲が、乙の提供する電子書籍決済サービス、アフィリエイトシステム、メールシステム及び各種インターネットサービスを利用して、甲の提供する商品を購入若しくは購入しようとする者に対し、情報提供及び各種商品を販売し、乙が、乙の提供する電子書籍決済サービス、アフィリエイトシステム、メールシステム及び各種インターネットサービスの運営及びサポートを行うことについて定めることを目的とする

第2条(定義)

  1. 「本サービス」とは、乙が甲に対して提供する電子書籍決済サービス、アフィリエイトシステム、メールシステム及び各種インターネットサービス(http://pubooks.jp)をいう 。
  2. 「購入者」とは、甲が本サービスを利用して販売する商品を購入する者をいう。
  3. 「アフィリエイト報酬」とは、甲が本サービスを利用して販売する商品について、本サービスのアフィリエイトシステムに基づきアフィリエイターがアフィリエイトに成功した場合に、甲がアフィリエイターに対して支払う報酬をいう。

第3条(アカウントの発行 )

  1. 本サービスを利用して出版物等の情報提供及び商品の販売をしようとする者(以下「申込者」という。)は、所定の申込書その他の必要書類 を乙に提出し、乙の審査を受けなければならない。
  2. 乙は、前項の審査の結果適正と判断した場合には 、申込者に対し、本サービスの利用に必要なアカウント(以下「アカウント」という。)を交付するものとする 。なお、審査結果について申込者は異議を申し立てないものとし、乙は審査結果について説明する義務を負わないものとする。
  3. 申込者が次の各号の一に該当すると判断した場合、乙は申込者に対し、アカウントを交付しないことができる。また、アカウント交付後に以下の各号の一に該当することが判明した場合も同様とし、この場合、当該申込者に損害が発生したとしても、乙は一切責任を負わないものとする。
    ⑴ 申込者が、第1項の方法によらずにアカウントの交付を受けた場合。
    ⑵ 申込者が、申込書その他の必要書類に虚偽の情報を記載した場合。
    ⑶ 申込者が、過去に本規約その他乙の運営するサービスの規約等 に違反したことがある場合。
    ⑷ その他、本サービスを利用することが不適切と乙が判断した場合。
  4. 甲は、アカウントを自己の責任をもって厳重に管理し、第三者に譲渡、売買、承継、貸与、開示または漏洩してはならない。
  5. 甲が、第1項のアカウントを紛失した場合は、速やかに、乙に届け出なければならない。
  6. 甲が乙から交付されたアカウントを使用して本サービスを利用した場合、甲は、本規約の内容に異議なく同意したものとみなす。

第4条(変更の届出 )

  1. 甲は、商号、住所、代表者の変更、その他乙へ届け出た内容に変更が生じた場合、所定の方法で、速やかに変更の届出をしなければならない。
  2. 甲は、前項の届出を怠ったことにより、乙からの通知その他の送付書類が延着しまたは到着しなかった場合には、通常到達すべきときに到達したものとみなされても異議がないものとする。
  3. 第1項の届出を怠ったことにより甲に不利益が生じたとしても、乙は一切の責任を負わないものとする。

第5条(販売の方法)

  1. 甲が本サービスを通じて販売しようとする商品(以下「販売商品」という。)の価格(以下「販売価格」という。)は、甲が決定したうえ、乙の承認を得なければならないものとする。
  2. 甲は、乙が本サービスの内容として甲に提供する商品情報登録等のフォームに従い、販売商品に関する必要事項を記載しなければならない。
  3. 甲は、本サービスを利用するにあたり、自らの責任において、特定商取引に関する法律により定められた通信販売者が表示すべき事項を表示しなければならない。

第6条(売買契約の成立日)

  1. 本サービスを利用してなされた、甲と購入者との売買契約の成立日 は、購入者の決済方法ごとに、以下の各号のとおりとする。
    ⑴ 銀行振込:乙が購入者の振込入金を確認した日
    ⑵ クレジットカード決済:乙がペイメントサービス会社から決済データを受領した日
    ⑶ コンビニ決済:乙がペイメントサービス会社から決済データを受領した日
    ⑷ 代引き:乙が流通業者から代引き入金を確認した日
    ⑸ 前4号に定めのない場合:甲乙間で別途協議して定める
  2. 2.前項2号及び3号に規定するペイメントサービス会社が、乙への決済データの送付を遅滞したことにより売買契約の成立日が遅延したとしても、乙は、これに基づく一切の責任を負わない

第7条(決済手数料等)

  1. 甲は、購入者との間で販売商品を売買し、購入者が売買代金を支払った場合 、本サービスの使用料として、乙に対し、次の各号記載の算定方式に基づく手数料(以下「決済手数料」という)を支払うものとする。
    ⑴ 販売価格が1000円未満の場合 販売価格の12.19パーセント(外税)
    ⑵ 販売価格が1000円以上の場合 販売価格の12.19パーセント(外税)に加え、決済一回ごとに96円(外税)
    ※コンビニ決済をご利用の場合には、購入者がコンビニ支払を行う手数料として購入者に手数料が商品代金に別途で発生します。
    詳細については購入者利用規約をご確認ください。
  2. アフィリエイト報酬の額は、甲が本サービスに甲の商品を登録する際に、販売価格の2パーセントから88パーセントの間で、甲が自由に決定できるものとする。販売商品について、本サービスのアフィリエイトシステムに基づきアフィリエイターがアフィリエイトに成功し、購入者が販売商品の売買代金を支払った場合、甲が決定した割合に基づくアフィリエイト報酬を、乙が甲に代わって、アフィリエイターに支払うものとする。

第8条(代金の送金)

  1. 乙は、第5条1項の販売価格と、前条の決済手数料及びアフィリエイト報酬とを相殺し、残金(以下「代金」という。)を、甲が指定する口座に送金する。
  2. 前項の代金は、第6条の売買契約成立日が属する月の末日を締切日とし、翌々月の5日(銀行休業日である場合は、その翌営業日)に送金する。なお、締切日までの累積代金額が5000円未満(消費税別)の場合は、前項の代金の送金は翌月に繰り越され、翌月以降も、同様とする。
  3. 乙は甲に対して代金を送金する際、第1項の決済手数料等を差し引くほか、振込事務手数料700円+税を差し引いて送金するものとする。

第9条(瑕疵担保責任)

  1. 甲は、販売商品に瑕疵がないことを保証する。
  2. 甲は、販売商品に瑕疵があった場合は、甲の費用及び責任において、速やかに、販売商品の交換または修補等の必要な措置を講じるものとする。
  3. 乙は、甲の提供する販売商品に瑕疵があった場合でも、購入者その他の第三者に対し一切の責任を負わず、甲の提供する販売商品に瑕疵があったことに基づく紛争については、甲の費用及び責任において解決するものとする。

第10条(著作権等 )

  1. 本サービス及び本サービスに関連する画像、テキスト、プログラム、コンテンツ等に関する著作権、商標権、意匠権その他の知的財産権は乙に帰属し、本規約に基づき甲に移転するものではない。
  2. 甲は、乙の書面による承諾を得ることなく、複製、公衆送信、修正・変更、転用または第三者に提供し、もしくは本サービスが予定している範囲外の方法で自己もしくは第三者の営業のために利用してはならない。

第11条(商標及び意匠の使用)

  1. 甲は、乙に対し、甲の販売商品を広告するなど甲の商品販売を促進する行為のために 、甲及び甲の販売商品の商標及び意匠を無償で使用することを許諾する。

第12条(表明保証 )

  1. 甲は、販売商品及び販売方法が、次に掲げる事項を全て満たすものであることを表明し保証する。
    ⑴ 甲の販売商品取扱いが法令に違反するものではないこと
    ⑵ 販売商品の内容等に関して虚偽または不当な広告表示がされていないこと
    ⑶ 販売商品が購入者との約定及び購入者に対して表明されたその他の条件に従って提供されること。
    ⑷ 甲が本サービスを利用するにあたり、販売商品の著者・作者等の著作権者(以下「著作権者」という。)との間で、甲が販売商品を販売することについて、事前に同意を得ていること。
    ⑸ 甲が本サービスを利用するにあたり、甲が販売商品を販売することを禁止する第三者との契約等の制限が存在していないこと。
  2. 甲が前項の規定に違反したことにより紛争が生じた場合、甲は、自己の費用と責任で誠実に解決するものとする。万が一、乙が何らかの債務を負担することになった場合、甲は、乙の負担することになった債務及びこれに関連して乙が負担した費用(弁護士費用を含む)全額について、乙に対し、直ちに支払うものとする。

第13条(秘密保持義務)

  1. 甲及び乙は、本規約に関連して知りえた相手方の秘密情報(登録者名、連絡先等の個人情報を含む)及び購入者の個人情報を適切に管理し、法令に基づく場合を除き、相手方の事前の書面による承諾なく、第三者に提供しないものとする。ただし、第三者に秘密情報を提供した者が、以下の各号の一に当たることを証明できる情報については、この限りではない。
    ⑴ 提供または開示を受けた際、既に自己が保有していた情報
    ⑵ 提供または開示を受けた際、既に公知となっている情報
    ⑶ 提供または開示を受けた際、自己の責めによらず公知となった情報
    ⑷ 正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負わずに適法に取得した情報
  2. 前項の規定に関わらず、乙は甲から取得した個人情報を、以下の場合に使用することができる。
    ⑴ 乙の提供する本サービス以外のサービスを案内する場合
    ⑵ 乙が、甲の本サービス利用に関するサポートをする場合

第14条(権利、義務の譲渡禁止)

  1. 甲及び乙は、事前に相手方の書面による承諾を得ることなく、本規約から生じる権利、義務の全部または一部を第三者に譲渡し、承継させまたは担保に供してはならない。

第15条(禁止事項)

  1. 甲は、本サービスを利用するにあたり、次の各号に定める行為を行ってはならない。
    ⑴ 虚偽または誤解を招くような内容を含む情報を掲載する行為
    ⑵ 法令等により許認可または届出が義務付けられている営業または商品の販売を、無許認可または無届で行う行為。
    ⑶ 本サービスにより利用し得る情報を改ざんする行為。
    ⑷ 有害なコンピュータ・プログラム等を乙のシステムに送信しまたは書き込む行為。
    ⑸ 第三者に成りすまし本サービスを利用する行為。
    ⑹ 乙のイメージを低下させる販売行為または提供行為。
    ⑺ 乙に登録している アフィリエイターに不利益を及ぼしまたは及ぼすおそれのある行為
    ⑻ 本規約の規定に違反する行為。
    ⑼ 法令等に違反しまたは違反するおそれのある行為。
    ⑽ その他乙が不適切と判断する行為。

第16条(本サービスの変更等 )

  1. 乙は、本サービスの仕様等について、いつでも任意に追加、変更等を行うことができるものとし、甲はこれに異議を述べないものとする。
  2. 乙は、乙の都合により、本サービスを、いつでも任意に、変更、中断、終了することができる。
  3. 乙が、前項の規定に基づき本サービスを変更、中断、終了したことにより、甲に損害が生じたとしても、乙は一切責任を負わない。

第17条(本サービスの提供の停止)

  1. 乙は、甲が、本規約に違反する行為を行っている、または行っているおそれが高いと判断した場合には、甲に対する本サービスの提供を停止することができる。
  2. 乙は、天災、事変、その他の非常事態が発生し、若しくは発生するおそれがある場合、乙のシステム保守を定期的若しくは緊急に行う場合、または乙が設置する電気通信設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合には、乙の判断により、本サービスの提供の全部または一部を停止することができる。
  3. 乙は、前2項の規定に基づき本サービスの提供の全部を停止する場合は、乙が適当と判断する方法で、事前に、甲にその旨を通知する。ただし、緊急の場合または通知をすることが困難な場合はこの限りではない。
  4. 第1項及び第2項の規定に基づき乙が本サービスの提供を停止したことにより、甲に損害が生じたとしても、乙は一切責任を負わない。

第18条(免責)

  1. 乙は、甲に対し、本サービスに関しまたは関連して公開する情報等の適法性、有効性、正確性、確実性、安全性、最新性及び完全性等について、いかなる保証も行わない。
  2. 乙は、甲が本サービスに関しまたは関連して公開する情報等について、購入者または購入者となろうとする者に対し、その適法性、有効性、正確性、確実性、安全性、最新性及び完全性等のいかなる保証も行わない。
  3. 乙は、甲に対し、本サービスが常に正常に動作することについていかなる保証も行わず、本サービスの不具合によって甲に損害が生じたとしても、乙に故意がある場合を除き、乙は一切責任も負わない。
  4. 乙は、甲に対し、購入者が販売商品の代金を支払うことについていかなる保証も行わず、購入者の債務不履行責任の危険は甲が負担し、乙は一切責任を負わない。
  5. 本サービスの提供、遅滞、変更、中止若しくは廃止、本サービスを通じて登録、提供された情報等の流出若しくは消滅等またはその他本サービスに関連して生じた甲の損害について、乙は、甲に対し、本規約にて明示的に定めるものを除いて、一切の責任を負わない。
  6. 乙は、甲に対して交付したアカウントにより本サービスが利用された場合、当該アカウントを使用した者を甲とみなし、それが盗用や不正使用等により甲以外の者が使用している場合でも、これにより甲に生じた損害について一切責任を負わない。
  7. 本サービスからほかのウェブサイトもしくはリソースへのリンク、または第三者のウェブサイト若しくはリソースから本サービスへのリンクを提供している場合、乙は、リンク先の内容、利用及びその結果(適法性、有効性、正確性、確実性、安全性、最新性及び完全性を含むが、これに限られない)についての責任を一切負わない。

第19条(本規約の有効期間)

  1. 本契約の期間は、当社の会員登録承認日より1年間とします。当事者いずれか一方からの契約終了の意思表示がない限り、本契約は自動延長により更に1年間更新されるものとし、その後も同様とします。

第20条(解除)

  1. 乙は、甲が以下の各号に一に該当する行為をした場合には、相当期間を定め催告をしたうえで、本規約を解除することができる。
    ⑴ 本サービスの運用を妨げる行為
    ⑵ 本サービスの信用を棄損する行為
    ⑶ 書籍またはコンテンツの著作権者若しくは乙の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、ノウハウ等が含まれるがこれに限定されない)、その他の権利を侵害しまたは侵害するおそれのある行為
    ⑷ 第三者を誹謗中傷する行為
    ⑸ 犯罪的行為または犯罪的行為に結びつくおそれのある行為
    ⑹ 購入者または購入者になろうとする者に対して誤解を与える行為
    ⑺ 公序良俗に反する行為
    ⑻ 乙の提供するアフィリエイトサービスに登録していないアフィリエイターを利用する行為、またはアフィリエイト報酬をアフィリエイターの承認なしに著しく下げる行為
    ⑼ 本サービスと同様または類似のサービスを提供する行為
    ⑽ 法令に反する行為
    ⑾ 本規約に違反する行為
  2. 甲及び乙は、相手方に以下の各号の一に該当する事由が生じたときには、相手方に通知することなく、直ちに本規約を解除できる。
    ⑴ 相手方が、差押え、仮差押え、仮処分、祖税滞納処分、その他公権力の処分を受けまたは会社更生手続きの開始、破産若しくは競売を申し立てられまたは自ら会社更生手続きの開始若しくは破産手続きを申し立てたとき
    ⑵ 相手方が、監督官庁より営業停止又若しくは営業免許の取り消しまたは営業登録取り消しの処分を受けたとき
    ⑶ 相手方が、資本減少、営業の廃止若しくは変更または解散の決議をしたとき
    ⑷ 相手方が、支払い停止状態に陥ったとき
    ⑸ 前4号の他、相手方の財産状況が悪化しまたはそのおそれがあると認められる相当の理由があるとき
  3. 前2項の規定による解除は、損害賠償の請求を妨げない。

第21条(反社会的勢力の排除)

  1. 甲は、乙に対し、本規約締結時において、甲の代表者、役員または実質的に経営を支配する者及び書籍またはコンテンツの著作権者が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という)に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。
  2. 乙は、甲若しくは書籍またはコンテンツの著作権者が反社会的勢力に属すると判明した場合、催告をすることなく、本規約を解除することができる。
  3. 乙が前項の規定により本規約を解除した場合、乙は、これによる甲または書籍またはコンテンツの著作権者に生じた損害を賠償する責めを負わない。

第22条(損害賠償)

  1. 甲及び乙は、本規約の履行に関し、相手方の故意または過失により 損害を被った場合は、当該相手方に対し、当該損害の賠償を請求することができる。ただし、本規約に別段の定めがある場合はこの限りでない。

第23条(規約の変更 )

  1. 乙は、本サービスの変更、各種法令の改正等の必要に応じて、いつでも任意に本規約の内容を変更することができる。
  2. 本規約の変更後に、甲が本サービスを利用した場合、甲は本規約の変更に同意したものとする。
  3. 甲は、本規約内容の変更の有無を確認するため、定期的に本規約の内容を確認するものとする。

第24条(合意管轄)

  1. 本規約に関して、訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第25条(存続条項)

  1. 本規約第6条ないし第14条、第22条、第24条及び本条の規定は、本規約が終了または解除された後もその効力を存続する。

第26条(協議)

  1. 本規約に定めのない事項が生じたときまたは本規約の各条項の解釈につき疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議のうえ解決するものとする。

(改定日)平成27年11月1日
(改定日)平成27年5月21日
(改定日)平成27年4月6日
(改定日)平成27年3月12日
(改定日)平成26年3月27日
(改定日)平成25年6月14日
(制定日)平成23年9月5日
以上

〒151-0053 渋谷区代々木1-35-4代々木クリスタルビル5F
株式会社ファーストペンギン
代表取締役 市之川匡史

ボトム囲い