お酒は保存法方次第で高く売れる!【酒別保存方法まとめ】

お酒は保存方法次第で高く売れるということはご存知でしょうか?お酒をテキトーに保存しておくと、外装が汚れてしまったり、中身が劣化してしたりしてしまう可能性があるので、保存方法には気を遣いたいところです。

ワインの保存方法


ワインは保存が難しいという印象を持っている人も多いと思いますが、ちょっとしたポイントを押さえることで、比較的簡単に保存することができます。

ポイントは以下の通りです。

1.13~15℃の温度で保管する。温度が高いと劣化してしまう
2.湿度は75%前後を目安にする。湿度が高すぎるとラベルやコルク栓が劣化することもある
3.匂いの強いものと同じ空間に保存しない。空けていなくてもコルク栓が匂いを吸収して匂い移りしてしまう可能性がある
4.日光が当たる場所は絶対に避ける。日光に当て続けるとワインが変質し、日光臭と呼ばれる、不快な臭いの発生原因になる
5.極力振動のない場所で保管する。振動で中身が変質してしまうこともある
6.ワインは横にして保管する。縦に置いて保管するとコルク栓から空気が入り、酸化が進むこともある

以上がワインの保存方法になります。

上記の中でも、特に日光や温度、湿度に気を付けることができれば、大きな劣化を防ぐことが可能です。

また、小型のワインセラーを購入すると、より保存しやすいでしょう。

ウイスキーの保存方法


ウィスキーには賞味期限がありませんが、美味しく飲んだり、高く売ったりしたいという場合には、保存方法も考慮しなければなりません。

ウィスキーの保存方法のポイントは以下の通りです。

1.暗所で保管する。高級ウィスキーは化粧箱に入れて保管してもOK
2.湿気を避ける。湿気でラベルにカビが生えてしまう可能性があるため、湿度には注意
3.適温で保存する。高温も極端な低温もウィスキーには良くない。日陰がベスト
4.周りの匂いには注意が必要。強い匂いの周りに保存していると、匂い移りしてしまう可能性がある
5.原則、ウィスキーは立てて保存する。寝かせて保存するとコルクや金属栓が味に影響することもある

ウィスキーはこのような保存方法がベストです。

ワインよりも簡単な保存方法ですが、温度や湿度には注意しましょう。

日本酒の保存法保


日本酒はとりあえず冷蔵庫で冷やして保存するという人がいれば、床下収納のような暗所で保存するという人もいます。ワインやウィスキーと違い、日本酒の保存方法は人によってさまざまです。

そんな日本酒のおすすめの保存方法は以下の通りです。

1.基本的に冷蔵庫で保存する
2.日光を避けるために新聞紙や化粧箱に入れて保存する
3.瓶は横にして保存しない

このような保存方法がベストです。また、日本酒の種類によっては常温保存できるものもあります。

冷蔵庫と常温保存できる日本酒の一例は以下の通りです。

・生酒:火入れしていないため常温保存は劣化してしまう。冷蔵庫保存が必須。
・吟醸酒:常温でも保存できるが、冷蔵庫保存推奨
・純米酒:常温保存でもOK。ただし日光や横置き保存は避ける
・普通種:常温保存でもOK。ただし日光や横置き保存は避ける

もちろん、純米酒や普通種も冷蔵庫(冷暗所)で保存しても問題ありません。保存しやすい場所を選ぶと良いでしょう。

焼酎の保存方法


焼酎にはウィスキー同様、賞味期限の記載がされていません。これはアルコール度数が高く、雑菌が繁殖しにくいことが関係しています。

とは言え、テキトーに保存していては早い段階で劣化してしまうでしょう。

焼酎の保存方法は以下のポイントを参考にしてください。

1.直射日光や光を避けて保存する
2.高温多湿を避ける
3.温度変化が激しい場所で保存しない
4.横置きは避ける

このようなポイントを考慮して焼酎を保存しましょう。

おすすめは押入れや床下収納など、一年を通してそれほど温度が変わらず、直射日光を避けることができる場所です。

まとめ

お酒の保存方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?ワインの保存には、やはり小型でもワインセラーがあると便利でしょう。

ワインセラーは高額な印象があるかもしれませんが、数本入れるワインセラーであれば、1万円~3万円程度で購入することができます。

保存に失敗して価値を落とすというリスクを避けるために、ワインセラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

余って飲まないお酒は買い取ってもらいましょう!酒買取のメリットについてはこちら:酒買取を利用するメリットと注意点を解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加