お酒の強さは遺伝?お酒の強さは体質と関係している

お酒の強さとは


僕のようにお酒が好きで、毎日お酒を楽しみたいという人も多いと思いますが、そのためにはお酒を飲める体質かどうか理解を深める必要があります。

あまりお酒が得意ではない人がたくさん飲んでしまうと、健康に悪影響が出てしまう可能性がある他、ほろ酔い心地のような、気持ちいい飲み方ができません。

そのため、お酒を飲む時は自分の体質に合わせた付き合い方を心がけると良いでしょう。

体質によるお酒の強さ


世の中にはお酒に強い人と弱い人がいますが、これは体質によるものだと考えられます。体質の問題なので、飲めば飲むほどお酒に強くなるというわけではありません。

具体的には、代謝能力や遺伝などが関係しています。代謝が早い人は太りにくい体質であるとも言われており、汗をかいたり、トイレが近かったり、とにかく悪いものを溜め込まない体質です。

その他、両親からの遺伝によるものや、年齢や体格によるものなど、お酒の強さにはさまざまな体質が関係しています。

遺伝による体質


お酒の強さでよく話されるのが、遺伝による体質についてです。

アルコールが体内に入ると、肝臓で「アセトアルデヒド」という物質に分解されますが、この物質はとても毒性が強いことで知られています。

お酒を飲んだ時の頭痛や吐き気などの症状は、殆どの場合アセトアルデヒドの毒性によるものです。

そして、アセトアルデヒドを分解する役目を担っているのが「ALDH2」という物質になります。

ALDH2にはいくつかタイプがありますが、それらは以下の通りです。

・活性型:お酒に強い体質
・低活性型:お酒に弱い体質だが、飲むことができる。日本人の約40%がこのタイプ
・不活性型:お酒は飲めない体質。日本人の約4%がこのタイプ
このようになります。

ALDH2は必ず両親から遺伝として受け継ぐ物質です。そのため、お酒の強い、弱いは両親を見ることでも判断することができるかもしません。

体格・年齢でも異なる

お酒の強さは体格や年齢でも異なります。これは何となく想像できる人も多いかもしれませんが、例えば、未成年は発達途中なので、アルコールを分解する能力が成人している人と比べると未熟です。

反対に、高齢者になればなるほど、肝臓をはじめとする臓器の機能は衰えていくので、これもやはりアルコールを分解する能力が低下しています。

そのため、「若い頃は一升瓶空けられたのに・・・」と悔やんでいる人は、年齢が影響している可能性があるでしょう。

また、体格とは体重のことです。基本的に体重が重い人ほど血液や水分量が多いので、アルコールは薄まりやすい特徴を持ちます。

お酒に対する体質テストをしてみよう


お酒の強い、弱いを知りたいという人も多いと思いますが、どうやって調べればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

調べる方法はそれほど難しくないので、実際にお酒に対する体質テストを行ってみることをおすすめします。

絆創膏テスト

絆創膏テストはあまりコストをかけず、自分で手軽に行うことができる体質テストです。具体的な方法は以下のようになります。

1.ガーゼ付き(薬が塗布されていないタイプ)の絆創膏を用意する
2.1で用意した絆創膏に市販の消毒用アルコール(70%)を2滴ほど染み込ませる
3.絆創膏を上腕の内側に貼る
4.7分後にテープをはがして、5秒以内に肌の色を確認する。(この時、肌の色が赤みがかっていたらALDH2不活性型)
5.絆創膏をはがした状態で10分放置し、もう一度肌の色を確認する。(この時に赤くなっていたらALDH2低活性型)
6.10分後に確認しても赤みがない場合はALDH2活性型

あくまでも簡易的なテストになるので、この結果が絶対というわけではありません。目安として行うことをおすすめします。

遺伝子検査


絆創膏テストよりも確実性がある方法が「遺伝子検査」です。遺伝子検査と聞くと高いお金がかかりそうで躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、それほどコストはかかりません。

遺伝子検査は販売されているものによって異なりますが、5,000円程度で購入することができます。

遺伝子検査をすると具体的な結果レポートを送付してくれるので、自分がどの程度の量ならお酒を飲めるのかなど、より理解を深めることができるでしょう。

また、お酒の飲み方についてアドバイスを受けられるこもあるため、上手くお酒と付き合いたい人にも向いています。

お酒を飲むシーンが多くて毎回不安だという人や、お酒を美味しくほど良い量飲みたい人など、お酒と長く付き合っていきたいと考えている人は、遺伝子検査をおすすめします。

まとめ

お酒の強さは遺伝が関係しているケースがほとんどですが、年齢や体格が関係していることもあります。

最後に、お酒の強さについてまとめます。
・お酒の強さは遺伝で受け継がれることが多い
・お酒は基本的に体重が重い人や、働き盛りの年齢の人ほど強い
・お酒に不安がある人は、お酒に対する体質テストも簡単に受けられる

お酒が強いからといって、毎日たくさん飲んでしまうと健康に悪影響が出てしまいます。仮に体質的にたくさん飲める場合であっても、適量で抑えるようにしましょう。

飲まないお酒は捨てるのではなく買取に出しましょう。酒買取を利用するメリットと注意点を解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加