■ クリエイティブなアイデアを生み出す力
■ どんな状況で会っても冷静に考え抜く力
■ 相手の気持ちを想像する力
■ 自分自身を客観視する力
■ 自分の考えを伝える力
■ 人生に価値を見いだす力

こんな事おもいあたりませんか・・・?


この本を読んで、「奇跡」を体験すれば、
あなたもきっと、その体験を誰かと分かち合いたくなることでしょう。




1.何を言っているのか話がよくわからない
必要事項を伝達するだけで時間がかかるので毎日無駄な時間を量産しています。
文章を書いても同じように何が言いたいのかわからない文章を書きます。

2.考え方に柔軟性がなく思い込みも強い
間違った考えを思い込んでいる場合も多く、新しい事にも取り組めず同じ事を進化なく繰り返し続ける傾向があります。
文章を書ける頭のいい人は頭をトレーニングしているので考え方が柔らかいのです。

3.なぜか言葉が出てこない
おしゃべりはできても文章がかけない人です。なぜなら、文章を書くには考えることが必要でありテーマについての思索が必要だからです
そして、自分なりの考えをまとめるのです。
おしゃべりはまとめて考える必要がありません。考える習慣が必要なのです。

4.どうしてもよいアイデアが浮かばない
アイデアは整理整頓する中から生まれます。文章を書ける人は頭の中を整理整頓し、断片的なキーワードをまとめ一つの文章にまとめられます。
文章化された時にアイデアが浮かぶのです。

5.多角的に見る力や疑問をもつ力が弱い
文章を書くには、ひとつのことでもいろんな可能性を考え、疑問をもち検討する姿勢が必要になります。
文章を書く事は考える他ならないからです。
書ける人と書けない人として決定的な差が生まれます。

6.自分を客観的に見るのが苦手
人の話を聞かずに一方的に自分の話をしてしまう人です。
文章力を身につけるには自分を客観視することが必要になります。また、読者の身になって考える姿勢も必要になります。
そういった事が自然に身につくようになり、相手の声に耳を傾けているようになります。

7.会議の司会進行がうまくできない
文章をかける人は、しっかりとポイントを整理し構成を考え目的をもって会議を進行できます。
逆に文章に苦手意識を持っている人は、進行も目的も結論もしっかりわかりやすい形にまとめる事ができない傾向があります。

8.企画書がうまく書けない
企画書が書けない人は、うまく問題点や目的を説明できません。
つまりは、自分の亜ための整理がしっかりできていないのです。文章を書くことは頭を整理し伝えるべき事をまとめるトレーニングになります。自然と頭が整理され、企画書が書けるようになります。

文章のトレーニングで
あなたの弱点も克服!!