お酒初心者にも!お酒に酔わない飲み方はコレ

酔わないために飲む前にすること


正直な話をすると、僕は酒呑みではありますが、そこまでアルコールに強いわけではありません。

ひとりで飲んでいるときはまだしも、人と呑んでいるとついお酒が進んだり、周りのペースに流されてしまって酔っ払った経験も数多く存在します。

そのため、僕はよく人と飲むときに酔わないために対策を施すようにしています。

ここでは、お酒を飲んでも酔わないために、お酒を飲む前にするべきことをご紹介します。

空腹状態の飲酒は避ける

空きっ腹に酒は危険、とよく言いますが、これは空腹の際にアルコールを胃に入れることで、血中アルコール濃度が急速に高まってしまうからです。

急性アルコール中毒の危険性も高まるので、お酒を飲む前に必ず何か食べておいてください。

酔い防止のサプリ&ドリンクを飲む


特に酔いやすい人の場合は、酔い防止のサプリメントやドリンクを服用しておくこともおすすめします。

僕も酔い止めのサプリメントを飲み会の30分前のタイミングで飲んでいます。酔い止めを飲む場合は、錠剤の飲み過ぎに注意し、その製品の効果が現れる時間もよく読んで利用しましょう。

酔わないための飲み方


飲む前に少し対策をしたからと言って、お酒に強くなるということはありません。

悪酔いや二日酔いを防ぐためにはお酒の飲み方にも工夫しましょう。

そこで、酔わないためのお酒の飲み方の工夫についてもご紹介します。

水を飲む

お酒は飲み物ですが、喉を潤す効果はほとんどなく、むしろ体内でのアルコール分解に多量の水分が必要となるので、体はいつもより多めに水分を欲します。

この脱水症状が原因で頭痛やめまいが引き起こされるので、こまめに水分補給をして分解を早めましょう。

タンパク質が豊富な食べ物を食べる


アルコールを分解する器官である肝臓は、主にタンパク質によって幹細胞の代謝を助けられます。

鶏肉や大豆製品など、タンパク質を積極に摂ることでもアルコールの分解を早めることができるため、おつまみや食事でタンパク質を積極的に摂るようにしてください。

一気飲みしない

当然のことながら、一気飲みは危険です。

酔うという状態は、体のアルコール分解が追いついていない状態を意味するので、自分のキャパを超えるアルコールを一気に体内に入れると当然酔っ払います。アルコールの吸収を遅らせるためにも、お酒はゆっくりと飲みましょう。

お酒を飲み終わった後は


ご紹介した対策を施したとしても結果的に酔っ払ってしまったり、泥酔とは行かずとも体質的にすぐに二日酔いになってしまう人も多いでしょう。

そこで、お酒を飲み終わった後の酔い対策についてもご紹介します。

グレープフルーツジュースを飲む

グレープフルーツにはクエン酸や果糖が多く含まれています。

クエン酸は唾液や胃液の分泌を高め、アルコールを吸収しやすい状態にしてくれる上、果糖にはアルコールを肝臓で分解する効果を高めるので、酔い冷ましに効果的です。

しばらく起きている

お酒を飲むと眠くなる人が多いですが、そこで眠気に負けて寝てしまうと体の代謝が低下し、アルコールの分解速度が遅くなってしまいます。

そのため、すぐに寝ると疲れも酔いも取れないので少し起きて、酔いが軽減されるのを待つというのも方法の一つです。

酔わないためのおすすめサプリ&ドリンク


ドラッグストアなどを見ると、色々な酔い止めのサプリやドリンクを見掛けることでしょう。

それらは効能や配合成分が違い、そのなかでも効果が高いもの、目的に合ったものを選ばないと酔い止めの効果を十分に発揮されません。

そこで、僕がおすすめする酔わないためのサプリやドリンクについてご紹介します。

ウコンの力

画像引用元:https://www.house-wf.co.jp/products/detail.php?cd=87170

CMでもおなじみのウコンの力は酔い止めドリンクとして真っ先に思い浮かぶ人も多いでしょう。

僕も何度も飲んだことがありますが、有名なだけあって効果は確かに高いです。

ウコンは体内で効果が発揮されるまでに少し時間が掛かるので、飲み会30分ほど前に飲むことをおすすめします。

よく飲む人は6本セットなどでまとめ買いしておくとお得です。

液キャベ コーワ V

画像引用元:https://www.amazon.c

液キャベ コーワ Vは特に肝臓のアルコールの分解機能を高めてくれるドリンクです。

飲むタイミングとしては、たくさんお酒を飲んだ後が良いでしょう。

そのため、特にお酒によって吐き気がひどい人、二日酔いに悩まされやすい人の対策としておすすめです。飲み過ぎはもちろん、食べ過ぎによる胸焼けや胃のむかつきにも効果があるので、次の日に飲酒食事の疲れを持ち越したくない人にもってこいです。

ヘパリーゼZ

画像引用元:http://www.zeriaonline.com/hepalyse/hepalyse.html

肝臓機能を高めてくれるドリンクとして、ヘパリーゼZもおすすめします。

ウコンエキス、肝臓エキス、そしてコンドロイチンがたっぷりと含まれており、こちらはたくさん飲むであろう飲み会の直前に飲んでおくのが良いでしょう。

アルコールの分解効果を高めてくれるため、悪酔いを防ぎ、二日酔いしない体にできます。

もちろん、これを飲んだからと言って飲み過ぎると当然キャパを超えてしまうので、飲むペースについても気をつけてください。

初回980円!ヘパリーゼZ!

まとめ

お酒に酔わないための飲み方、対策についてはご覧の通りです。

最後に、お酒に酔わないためにするべきことについてまとめます。

・適切なタイミングで酔い止めのドリンクなどを飲んで対策をする
・空腹状態で飲酒をしないよう心がける
・水やタンパク質を積極的に摂り、一気飲みもしない
・飲んだ後はグレープフルーツジュースがおすすめ
・しばらく起きて、肝臓のアルコール分解効果を高める

いくらお酒が好きでも、酔いやすいかどうかはまた別問題です。ですが、対策をすることで、酔いにくくなったり、二日酔いや悪酔いを防ぐことができます。これらの対策をすることで、悪酔いせずに楽しくお酒を飲みましょう。

お酒によって太る理由についても理解しておけば、よりお酒を楽しめるはずです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加