お酒で太る理由はこれ!太りにくい飲み方を紹介

お酒で太る理由


僕は平日・休日問わず、毎日のようにお酒を飲んでいるため、知人には「飲みすぎると太るぞ」なんて言われることもあります。実際、お酒を飲むと太るから、好きだけど飲む量や日数を管理しているという人も少なくありません。

しかし、お酒で太るには理由があるのをご存知ですか?単に、お酒を飲む=太るというわけではありません。

お酒が悪であると感じている人は、まずお酒で太る理由について理解を深めることをおすすめします。

アルコールの分解

まずはじめに伝えておきたいことは、アルコールの分解についてです。アルコールの分解に肝臓が使われることは周知の事実ですが、アルコールを分解することで分解が後回しになってしまう成分があるということは、あまり知られていません。

分解が後回しになってしまう成分とは「脂質」や「糖質」です。この二つの成分が分解されないと、脂肪として体内に蓄積しやすくなってしまいます。

このことから分かるように、アルコールを摂取すると肝臓が分解してくれる順番が変化し、結果的に脂肪が増えてしまうということです。

お酒のカロリー

お酒にはカロリーがないと思う人もいるかもしれませんが、お酒にもカロリーは存在しています。ただし、お酒の種類によってカロリーは大きく異なるので、その点には注意が必要です。

アルコールのカロリーは1gあたり7.1キロカロリーになります。また、糖質とタンパク質は4キロカロリー、脂質は9キロカロリーです。

この計算式を元にして、僕も好きな「日本酒」で100mlあたりのカロリー計算をした場合、110キロカロリー程度になります。また、飲み会で人気の「ビール」は60キロカロリーが平均です。

日本酒とビールは他のお酒と比べて糖質が多く含まれているので、どうしてもカロリーは高くなってしまいます。

その点、蒸留酒には糖質が入っていないので、ウィスキーや本格焼酎などはカロリーが低めです。

おつまみの食べ過ぎ


僕も経験がありますが、お酒を飲んでいると、ついつい食べ過ぎてしまうのがおつまみです。最近のおつまみは美味しいのはもちろん、お酒にもよく合うので、つい手が伸びてしまいます。

しかし、から揚げやフライドポテトなどは当然油をたくさん含みますし、シメのラーメンはガツンとカロリーを上乗せする役目を果たすでしょう。

前項でも紹介している通り、肝臓はアルコールを優先的に分解するので、脂質や糖質の分解は後回しです。少し考えると、ゾッとするのではないでしょうか。

お酒で太りにくい飲み方


単にお酒を飲むだけで太るわけではないということは、前項でご紹介している通りです。

中には、お酒は好きだけど絶対に太りたくないという人も多いでしょう。

そこでここでは、太りにくい飲み方についてご紹介します。

飲む前に食べる

お酒太りしやすい飲み方は、いきなりお酒や揚げ物を口にすることです。急激に血糖値が上がってしまうため、これはおすすめできません。

急激に血糖値を上げないようにするためには、飲む前に食物繊維系のものや、ナッツ類を食べるようにします。こうすることで、血糖値を緩やかに上げていき、お酒太りしにくい飲み方になるでしょう。

太らないおつまみを食べる


おつまみの中でも、太りにくいものを中心に食べるというのも一つの手段です。具体的には、「低脂質・高タンパク」のおつまみは太りにくいものになります。

例えば、焼鳥のねぎまやササミなどがおすすめです。

また、低脂質・高タンパクなおつまみを食べるのに加えて、ビタミンを補えるサラダなども食べるようにしましょう。

バランスの良い栄養を取ることができれば、より太りにくい飲み方ができます。

蒸留酒を飲む

ウィスキーや本格焼酎といった蒸留酒は糖質がありません。アルコール度数が高いですが、ハイボールにしたり、水割りで飲んだりすると飲みやすいでしょう。

また、蒸留酒はモスコミュールやジントニックなど、さまざまなバリエーションの飲み方をすることもできます。

蒸留酒のカロリーはほとんどアルコール分になるので、余計なカロリーを摂取することはありません。

酒太りを避けるために運動を習慣にしよう


僕も実践していますが、酒太りを避けるために運動を習慣にすることをおすすめします。

どうしても習慣を作れないという人は、朝の通勤に階段を多く使ったり、帰宅する時に一駅前で降りて歩いて帰ったり、本当にちょっとした時間でイイので、運動する習慣をつけると良いでしょう。

運動を習慣にすることで、酒太りを避けられることはもちろん、体型の維持と健康管理も同時に行えるというメリットがあります。

また、酒太りするリスクに怯えてお酒を飲んだり、お酒の飲み方に注意するようになるので、今までよりも美味しく、健康的に飲むことができるでしょう。

激しい筋トレを行う必要はありません。自分が作れる時間の中で、5分でも10分でも運動することが大切です。

時間がなく運動できない方には、内側からのサポートも大事になってきます。直接体に影響するサプリメントは安心できる大手の会社のものがいいでしょう。



まとめ

お酒で太る理由と太りにくくする飲み方はご紹介した通りです。最後に、お酒で太る理由についてまとめます。

・アルコールを摂取すると肝臓がアルコールを優先的に分解するため、脂質と糖質が蓄積しやすくなってしまう
・お酒のカロリーはアルコール以外に糖質とタンパク質、脂質が影響する
・お酒で太る理由の多くは、おつまみの食べ過ぎが原因の可能性がある

お酒で太るというのは誤解に近い考え方と言えるでしょう。飲み方を考慮することで、お酒で太るということはなくなります。

運動する習慣を付けたり、太らないおつまみを食べたり、上手なお酒の飲み方を心掛けましょう。

必要のない余ったお酒は買取してもらいましょう:酒買取を利用するメリットと注意点を解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加